南河内と堺市で、基礎と構造と家造りにこだわる、とっても真面目な工務店の剣建設でおまんねやわ
めちゃめちゃ真面目な工務店の河内のおっさんが、現場のこだわりと、堺市でミニバスケットボールをしてる、八上ワイルドキャッツミニバスケットボールクラブへの熱い応援のエールをお伝えします。  
プロフィール

河内のおっさん

Author:河内のおっさん
剣建設株式会社
〒587-0065
大阪府堺市美原区小寺727
TEL 072-362-3407
FAX 072-362-5771
URL http://www.e-tsurugi.jp

ブログ内検索

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


時計

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

お問い合わせ

家造りについて、お気軽にお問い合わせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

占い

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耐震診断の巻
勢いつけて、2日連ちゃんで、ブログ更新してるおっさんです



さて、本日はS市のあるお家に、耐震診断に行って来ました。





お施主さんとの聞き取り調査をしてから、耐震診断に入ります。





まずは、そのお家の構造や現状をしるため、目視の検査です。




ちょっと失礼!



このように、床下や屋根裏に入って目視及び写真を撮ります。



屋根裏



床下





このように、筋交いの有無や、基礎の形状などもこのときにチェックしときます。




そして、配置や壁量などを調べ、図面に起こしていきます。




どんなんかなぁ??



よ?くチェック!





このような流れで、耐震診断は行なわれます。



ただ、うちでは耐震診断を出来るだけしない様にしてきました。

最初は、阪神大震災があって、これからはこの事業も勉強していかなあかんでぇと思ってましたが、

色々な、耐震関係の組合や、協会のセミナーや講習会に行くにつれ、

なんとその内容の薄っぺらい事

なんとその汚いお金儲けのシステムな事

なんとその保障のないええかげんな事


が、見えてきてしまったからです。



今回の耐震診断は、設計事務所の先生にお願いしました。

建築士会の研修や講習は、理屈も解ったうえの講習会ですが、

?協会、?組合などの耐震診断士は、たった1日の講習だけでとれる、

ええかげんなもんですわ。

ほんで、普段使用してる木造の構造金物にちょっびとだけ細工した金物が、

何万円もする金物に化けて、?協会、?組合は丸儲けっちゅうわけでんな!

その上、その金物を使用しても、震度何度まで耐えられますよって、

明確な基準も、ありまへん

そら、そうでっしゃろ?

おんなじ基礎があったとしても、

鉄筋入ってんの?

入ってるとしたら、なんぼの径なん?

径が解ったたら、異形か丸棒か?

コンクリートの強度は?

もしかしたら、モルタルか?

床下ジメジメしとんぞ、もしかして田んぼの上や、池の埋立地か?

この柱ちょっとこけてんちゃうん?

えっ?よう見たら、シロアリ食ってんちゃうんかい!


など、言い出したらきりがないほど、不安材料がいっぱい

その中、この、すばらしい金物を使えば、地震なんかいっこも怖おまへんで!

って言うことの出来るすばらしくえげつない営業なんかできまへんやろ!




とりあえず、これらの協会や組合は、

この耐震診断を、窓口にしてリフォームに繋げて、工務店も、もうけなはれって仕組みですわ。

また、今後

無料診断しまっさ?!ちょっと、お家にあがらしとくんなはれ!

ってきた時は、要注意でっせ!

気つけとくんなはれや!




ちなみに、一概には言えませんが、

だいたい、昭和56年以前の建物は、耐震診断をしなくても、多分引っかかってきますので、

特に注意して下さい。

こう言う建物をねらって、悪徳業者は廻ってまっせ!




ただ、昔の建物は、大工の技術も高く、木材に関しては、

ぶっとい柱やごっつい梁など、ええ材料つこてまっさかいに、

ここらへんは、難しいとこでんな。




これからは、胸にりっぱな名札をつけてても、

飛び込み営業をしてる業者には、注意しましょう。




屋根診断士も、よう似たもんでっさかいに、

これにも、ご注意を!



BY 剣建設株式会社




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tsurugikensetu.blog63.fc2.com/tb.php/86-fb1b699f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。